歯を白くする知識

歯を白くするのに市販の重曹やオキシドールが使える?

重曹で歯を白くできる?



ベーキングパウダーとしてお菓子作りの中で一般的な重曹。最近では研磨力を活かして掃除に使うことができ、環境にやさしい洗剤として話題となっています。きれいにする効果は食器や水周りだけでなく口の中でも活躍します。重曹には歯を白くする効果・口内をきれいにする効果もあるのです。


重曹は弱アルカリ性です。一方、食事を取るとき口内は酸性となっています。酸性状態だと細菌も増殖しますし口臭も発生します。また、酸性状態が続くことで歯のエナメル質が溶け出し黄色の象牙質が出てくるので歯が黄ばんできてしまうのです。


重曹のアルカリ性で中和することで細菌が増えるのを防ぐことができますし、口臭も抑えられ、丈夫な歯が保てるのです。掃除でも活躍する研磨力は歯の着色を落とす効果も持っています。


歯ブラシに直接つけてもいいでしょう。ハッカ油やグリセリンと混ぜるとペースト状になって歯磨き粉と似た形状になり磨きやすいです。口内をきれいに保つには水と混ぜたものを歯磨きのあとや飲食を取った後にうがい液として利用してもいいでしょう。


ただ、研磨力の強さからせっかく酸性で溶け出すのを防ぐことができたはずのエナメル質を削ってしまっては、逆に黄ばみが目立つことになってしまいますし、知覚過敏になる可能性もあります。使用量や磨くときの強さに注意する必要があります。


また、塩分取りすぎになってしまう可能性も高いので、間違って大量に摂取してしまうと事故につながります。加水分解作用から皮膚や粘膜に強い刺激を感じる可能性もありますし、口内がアルカリ性になることで歯石がつきやすくなる場合もあります。


添加物も入っておらず安心安全な歯磨き成分となりそうですが、使い方を間違うと逆に口内を犯す危険もある成分なので、メリットデメリットを知った上で使用する必要があります。また、掃除用重曹として大量に入った安い商品が出ていますが、かならず食用のものや医薬品を使用しましょう。


オキシドールで歯を白くできる?



現在では審美歯科で歯のホワイトニングの施術が提供されるようになりましたが、お金をかけずに歯を白くしたいという方も多いでしょう。最近では市販されているオキシドールを使えば、お金をかけずに歯のホワイトニングができるとの口コミ情報がインターネットで流布されていますが、これは本当なのでしょうか。


現在、審美歯科で行われている歯のホワイトニングは、歯の表面に漂白効果のある薬剤を塗り、その上から特殊な光を照射する施術が一般的です。この薬剤には光に反応する触媒が含まれており、薬剤と光の照射による相乗効果によって歯の細かい汚れを落とすとともに、歯の表面のエナメル質を滑らかにすることで歯を白くしているのです。


審美歯科のホワイトニングで使われている薬剤には過酸化水素が多く含まれています。過酸化水素には殺菌作用や漂白作用があるので、これを塗ることで歯の汚れが除去され、漂白されるというわけです。


一方、怪我をしたときの消毒用として市販されているオキシドールは「過酸化水素水」とも呼ばれており、過酸化水素を水に溶かして薄めた製品です。


このため、歯に塗ることでホワイトニングの効果が期待できると考えられているわけですが、ここで注意すべきなのは過酸化水素の濃度です。一般に、審美歯科で使用されている薬剤には、過酸化水素が約30から35%の濃度で配合されているといわれています。


これに対して市販のオキシドールに配合されている過酸化水素の濃度は約3%で、審美歯科で使用されている薬剤の10分の1程度に過ぎません。過酸化水素は濃度を薄くすればするほど殺菌・漂白効果が低下するので、オキシドールを毎日歯に塗り続けても審美歯科のホワイトニングのような効果が期待できないのは明白です。


また、オキシドールは元々口に入れるようにつくられているわけではありません。口内の粘膜を刺激して炎症が生じるリスクも指摘されているので、歯のホワイトニングに利用するのは適切でとはいえないでしょう。なお、現在では歯を白くする効果がある歯磨き粉もネット通販などで販売されているので、オキシドールを使用するよりもこうした製品を使用するのが現実的です。