歯を白くする知識

歯を白くできるテープ・ガムとは?効果はあるの?

歯を白くできるテープ?



綺麗な白い歯に憧れており、簡単に歯を白くする方法を知りたいと考えている人もいるかもしれません。確かに白い歯は魅力ですし、堂々と笑顔を見せることができます。また、営業職や接客業の人などは印象が良くなりますし、口の中が美しいことで損をすることはありません。健康な歯や歯茎を保つことにより、年齢を重ねても美しくいられるのです。


最近では歯を白くするテープが注目を集めており、そのようなテープに本当に効果があるのか気になっている人も多いでしょう。歯を白くするテープというのは30分程度貼り付けておくだけでホワイトニングできるという商品です。テープなので簡単に貼り付けることができますが、日本では販売が認められていない成分が使われています。


歯を白くするテープの仕組みはホームホワイトニングと似ており、効果の出方については個人差もあります。ホームホワイトニングよりは効果が高いとされていますが、知覚過敏になりやすくなるというリスクもあるので注意しましょう。過酸化水素を使用したホワイトニングとなっており、歯の形に合わせてしっかりと貼ることが大切です。きちんと貼らないと効果が実感できないため、歯並びの悪い人は手先の器用さも必要です。


ちなみに、歯を白くするテープには過酸化水素という成分が含まれており、刺激が強い成分なので痛みを伴うこともあります。虫歯などに使用することはできませんし、激しい痛みを伴うので虫歯がないことを確認してから使用した方が良いでしょう。


歯を白くするテープは高い効果を期待できるのですが、装着している間は食事を摂取することができません。手軽に歯を白くできるということが大きなメリットであり、歯医者のホワイトニングとの違いについても知っておくと良いでしょう。


歯を白くするテープはあまり安いわけではありませんが、歯医者のホワイトニングよりは安くなっており、毎日継続してケアできるという人には向いています。


歯を白くできるガム?



歯を白くするガムは実際に存在しますが、特別な店舗で購入する必要などなく、身近にあるスーパーなどで簡単に入手可能です。


キシリトールホワイトという商品名のガムが、それに該当します。キシリトール配合のガムとして、とても有名なブランドですので、探すこと自体はあまり難しくありません。キシリトールホワイトには、通常の商品とは違い、歯を白くするメタリン酸ナトリウムという成分が含まれています。色素汚れを浮かして取り除き、付着を予防する効果が認められている成分です。ホワイトニング効果のある歯磨き剤や、医療用としても使われています。


ガムの効果として、唾液の分泌を促すという魅力的な部分があります。唾液は歯垢除去効果や、虫歯菌の繁殖を抑える効果がありますが、実は色素汚れを防止する効果にも優れています。


効果的にキシリトールホワイトを使うには、食後に噛むことが大切です。食後は食べ物の色素が歯に付着しやすいタイミングですので、ガムを噛むことで唾液の分泌を促し、汚れの付着を防ぐメタリン酸ナトリウムの働きを活かすことができます。


朝食や昼食、夕食の時だけでなく、間食や夜食の後にも噛む習慣を身につけたいところです。ガムを噛んでいる最中に分泌される唾液は、すぐに飲み込まないようにするのがコツです。すぐに飲み込んでしまうと、唾液やメタリン酸ナトリウムの効果が薄れてしまう心配があるためです。20分くらいは噛むようにしましょう。


即効性を求めるような方法ではないため、毎日継続してキシリトールホワイトを使うことが大切です。1回や2回程度でホワイトニング効果が得られるものではありません。長期的に利用を続けることで、歯の色素汚れが改善されます。


すぐに効果を求めたい場合には、キシリトールホワイトの力では難しいため、審美歯科で専門的な施術を受けることをおすすめします。費用はかかりますが、確実性の高いホワイトニング効果が得られます。