歯を白くする知識

歯を白くするための消しゴム・マニキュアがある?

歯の消しゴム?



歯を白くする方法はいくつもあります。歯科医院で白くすることもできますが、できれば自宅で簡単にできるほうが良いと思うでしょう。お店に行くと、歯ブラシや歯磨き粉が売っている横で歯の消しゴムが置いてあります。これを使ってみてください。パッケージには歯を白くするというような言葉が書かれているはずです。


歯の表面の汚れを落とすと言えば、歯磨き粉ですが、毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れもあります。煙草を吸っている人はよく歯が黄ばんだり黒くなったりします。また、コーヒーを良く飲む人が歯の色が変わると言われています。これらは、毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れが蓄積したためです。このようながんこな汚れを取るためには、歯の消しゴムが有効です。


使い方は、最初に水で濡らします。それから、白くしたいところを磨くように使ってください。終わったら水ですすぎましょう。普通の歯磨きとあまり使い方は変わりません。これだけで歯の表面の汚れを取ることができます。なかなか取れないからと言って、ごしごしと力を入れてこすったりしないように気をつけましょう。また、歯茎に当たらないようにしてください。


使えば使うほど白くなるというわけではありません。普通に使う分なら安全ですが、使いすぎるのは禁物です。やりすぎてしまうと歯の表面が削れてしまいます。また、かえって歯が黄ばんでしまう恐れもあるので適度に歯の消しゴムを使うようにしてください。


歯の消しゴムだけで歯が白くなった人はたくさんいますが、個人差があります。自分に合っているようならば使い続けてみてください。使って行くうちに歯の消しゴムが汚れることがあります。汚れたらその部分を取って使ってください。持ち運びもできるので、歯ブラシや歯磨き粉と一緒に持ち歩いて外出先でも使えます。煙草を吸う人や、コーヒーなどステインが多く含まれている飲み物を飲むことが多い人は持ち歩いたほうが良いかもしれません。

歯のマニキュア?



マニキュアと聞くと、爪に塗るものをイメージしてしまいがちですが、実は歯の表面に塗るマニキュアがあるのです。もちろん、爪に塗るものとは異なり、口に入れても安全な樹脂系の塗料を使用しているので、安心して使うことが出来ます。歯のマニキュアといっても、用途別にいくつか種類があり、艶を出すために使用するものや歯を白くするために使用するものなどがあります。


また、市販されているタイプのものの他に、プロ用、審美歯科で使用されるタイプのものなど様々です。最大の特徴としては、大切な歯を削ることなく白くすることができ、ホワイトニングで白くすることが出来なかった歯でも白くすることが出来ることです。ドラッグストアなどで手に入るものの多くは、セラックという樹脂を使用していて、一時的に歯を白くしたいときなどに効果的です。


最初はジェル状で、乾くと固まってきますが、マニキュアをきれいに塗るにはコツが必要です。ムラになってしまうこともあるので、実際の歯に塗る前に練習しておくと良いでしょう。


歯医者さんで使われているものは、ホワイトコートとビューティコートの二種類が主で、塗った後光を当て固めていきます。歯医者さんのマニキュアには艶を出すものと、歯を白くするものがありますが、歯科医師や歯科衛生士の技術によって仕上がりに違いが出る可能性があるため、信頼できる歯科医院で行うことをおすすめします。


その他にパーマネントマニキュアというものがあります。上記で紹介したタイプの使用期間が数日から数カ月なのに対し、パーマネントマニキュアは2年から5年間も使用することが出来ます。元々の歯の色を遮断して白くすることにより、透明感は失われてしまうものの、真っ白な歯に仕上げることが可能になります。


歯科用のものや、パーマネントマニキュアは差し歯や銀歯にも使用することができ1回で白くすることが出来ます。高額なセラミックにかえようと思っている人は、一度試してみる価値があるかもしれません。