歯を白くする知識

茶色い汚れが歯の裏にできてしまう原因と改善方法


歯が白くて美しいと、通常でも感じが良く思われる笑顔が、さらに魅力的に見えるものです。特に営業や接客業など、人からどう見られているかが仕事上重要なものとなる人であれば、歯をきれいに見せる努力をしているという人は多いはずです。


しかし一見歯が白くてきれいに見える人でも、歯の裏側に茶色や黒の汚れが付着しているということは、決して珍しいことではありません。自分で歯を確認する場合には鏡に顔を向けて行う場合がほとんどなので、他人から見えるのと同様に、どうしても歯の表側ばかりに意識が行ってしまうものだからです。


そのため歯磨きなどの歯のケアも表側にばかり気を使い、裏側に関しては手をあまりかけないという状態が続いて、知らず知らずのうちに歯の裏側が汚れているということが多いのです。歯の裏側に汚れができる原因には色々なものがあるのですが、特に多いものとしては食べ物や飲み物の色が付くことを挙げることができます。食べ物や飲み物の中には、例えばコーヒーのように色の濃いものも多く、その色が毎日の生活の中で徐々に蓄積して行ってしまいます。


また喫煙も大きな原因になります。タバコに含まれるニコチンは健康に悪い影響を与えるだけでなく、その色素によって歯を汚くしてしまうという美容上の問題点もあるのです。これらの他にも虫歯や銀歯の劣化などの原因もありますが、それらの対策方法は歯科医院に任せるべきということになるので、自分でもできる対策方法としては、食べ物やタバコによって色が付着した場合に関して考えることになります。


その方法として考えられるのは、毎日の歯磨きの仕方を変えることです。


歯の裏側の磨き方が甘かったという人は、普段から意識してそこを磨くべきなのですが、すでに付着してしまった汚れを取るためには、一般的な歯磨き粉ではなくホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使用した方が良いでしょう。ただあまりに汚れがひどく、できるだけ早く何とかしたいと思うのであれば、やはり歯科医院でクリーニングを受けるという対策方法が効果的です。


または、ホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉を使い始める方も最近増えています。


参考:沖縄で生まれた医薬部外品ホワイトニング「薬用ちゅらトゥースホワイト」