歯を白くする知識

色が変わった差し歯や神経のない歯を白くするには?


歯の形や歯並びがきれいで、しかもその色が白ければ、会話している相手や一緒に食事している相手、微笑みかけた相手などの周囲にいる人たちから、良い印象を持ってもらえる可能性が高いと言えます。歯の形や歯並びは自分の努力では何ともし難いですが、色は普段から気を付けていれば、ある程度はきれいな状態を保つことはできるでしょう。


ただ飲食物の色やタバコのヤニなどが長い間に段々と付着して、それが着色汚れになってしまうといったように、知らず知らずのうちに汚れがひどくなっているということはよくあります。それは自分自身の歯だけに限らず、差し歯に関しても色が変わってしまうことはあります。


差し歯は自分の歯の上部が虫歯などでなくなってしまった場合に、残った部分に土台と被せものを装着するものです。昔は土台と被せものが一緒になっているものが差し歯と呼ばれていましたが、現在ではそれらを別に作って、土台の上から被せものを装着する方法が主流となっています。この差し歯は他の生きている歯と比べて、着色によって色が変わってしまいやすいという難点があります。


生きている歯であれば、歯科医院でのホワイトニングという方法で白くすることができるのですが、差し歯には悪影響を及ぼす恐れがあり、また大した効果も期待できないので、基本的にはこの方法は使えません。


では差し歯の色が変わってしまった場合には、その色だけを元に戻すことはできないとして交換するしかないのかと言うと、そういうわけでもないのです。差し歯をそのまま装着した状態で白くする方法としては、歯のマニキュアが効果的です。この方法は専用の白い色のマニキュアを塗って、その上から特殊な光を当ててそれを固めるという方法です。


この方法なら効果的に、また自分好みの白い色にすることはできますが、ただその効果は一カ月程度と、それほど長持ちしないものではあります。またホワイトニングの専門クリニックの中には、差し歯でもできるホワイトニングを実施しているところがあるので、それを探して利用するという方法も考えられます。


神経のない歯のケース



神経のない歯は黒ずみやすいで酢が、その黒ずみに対して、白くする方法はあります。その代表的な治療は、ウォーキングブリーチです。既に神経がない歯に対して行われる歯科治療であり、黒ずみなどをもつ歯のホワイトニングに対応しています。


表面だけにアプローチをする、一般的なオフィスホワイトニングの治療方法とは異なり、ウォーキングブリーチの場合は、歯の裏側に穴を開けます。空洞ができますので、過酸化水素の薬剤をそこに詰めます。


蓋といっても仮のものであり、およそ10日ほどしたら、中に入っている薬剤を交換します。じょじょにホワイトニング効果が出ていきますので、本人の理想とする白さにまで色を変化させて行く、美容目的の歯科治療法になります。過酸化水素を利用したウォーキングブリーチは、本人の葉を削らないで済みます。


自らの歯を無駄に削らないで良いことは利点ではありますが、強力な薬剤を使用したり、穴を開けたりすることで歯へのダメージは高まります。利用する薬剤のガスにより、治療部位の仮の蓋が意外と取れやすいのは難点です。削らないで歯を白くする方法ではありますが、この治療は歯の表面部分にヒビが入りやすく、歯が割れやすくなることも考えられます。


既に神経がないだけでも強さのない歯になってはいますが、強い薬剤を使用した歯の治療になりますので、歯はさらにもろくなるというデメリットもある治療方法です。そのため、神経のない黒ずみの歯に対してのホワイトニングとして、ウォーキングブリーチは有効な手段でありながらも、マイナスの要素も多くあるため、メニューに加えないデンタルクリニックもあります。


そもそも、なぜ神経を失った歯は、望まない黒い色へと変わっていくのでしょう。歯から神経を抜いてしまうと、神経をなくしたことで、歯は黄色くなって、茶褐色やグレーに変わっていきます。何も手立てをしないと、最後には黒褐色になって見た目は黒くなります。神経のある歯には本来、血管が入っていたためです。血液循環ができなくなり、コラーゲン代謝も滞るため、変色した歯に変わります。