歯を白くする知識

歯のクリーニングの一種「PMTC」にはどんな効果があるの?


歯はどんなに丁寧にブラッシングをしていても、歯石が溜まってしまい歯周病などの歯のトラブルの原因となってしまい、歯周病になれば全身の健康にも影響が出てきてしまうことも分かっています。歯垢や歯石を改善するためには定期的に歯をクリーニングすることがおすすめで、虫歯や歯周病予防の目的で歯科に行って行なうことができます。


歯科治療のひとつのPMTCとは、そんな歯のクリーニングの一種でさまざまな機器とフッ素入りの研磨剤を利用して行なう方法になります。専用の機器から重炭酸ナトリウムを高速噴射しながら歯の表面の着色を除去しつつ、フッ素配合のジェルと回転ブラシなどの器具を使って歯を研磨した後に、フッ素を塗布する方法です。


歯垢とは多数の細菌が入り混じった厚い膜状のバイオフィルムで、これが虫歯や歯周病の原因となってしまいます。PMTCはこのバイオフィルムの除去をすることができます。


歯の表面が酷く汚れている場合、PMTCで歯をクリーニングすることによって歯の色は落とすことができ白くなる場合もあります。しかし、歯の白さは表面の着色だけではなく歯のエナメル質内部の象牙質の色によっても違ってきます。象牙質はもともと黄色がかっていますので、人によっては黄色みが強くなるケースもあります。


PMTCだけでは思うよう白くならないこともあるため、そのときにはホワイトニングで白くすることができます。


また、PMTCはバイオフィルムには有効ですが歯垢が固まってできてしまう歯石は取り除くことができないため、虫歯や歯周病予防をきちんと行ないたいという場合には、まず歯石を除去する通常のクリーニングを施してから行なっていきます。


歯のクリーニングは本来着色汚れなどを改善するホワイトニング効果を得ることはできないものです。歯垢や歯石をきちんと除去することは虫歯や歯周病を予防するには欠かせないもののため、定期的に行なっていくことが大切です。