ホワイトニングの知識

自宅で行える「ホームホワイトニング」の特徴は?


笑った時などに良い印象が与えられることから、白くてきれいな歯に憧れる人は大勢います。特にその容姿を武器に活躍しているモデルや女優のような、とても白い歯に憧れているという女性は多いことでしょう。そのような白くて美しい歯を手に入れるためには、審美歯科に行ってホワイトニングに代表される施術を受けるという方法が効果的なのは確かです。


しかしできれば自分の手でできる方法の方が、かかる費用や時間を節約することができるために好ましいと思う人も多いはずです。その方法にも歯を白くする効果を持つ歯磨き粉を使うという手軽なものもあれば、専門的な器具を使うもっと本格的なものもあり、その代表的な方法がホームホワイトニングです。ホームホワイトニングとは自分の歯型を取って作ったマウスピースと、専用の薬剤を使って行うホワイトニングのことです。


この方法はアメリカでは以前からポピュラーなものとなっていて、近年では日本でもこれを行うという人が増えてきています。まずは歯科医院でこの方法を行う前の相談やマウスピースの作成をしてもらいますが、その後は基本的に自宅で行えるという手軽さが、その人気の大きな理由となっています。


その基本的な方法は、マウスピースにジェル状の薬剤を入れて歯に装着し、約二時間が経過したらそれを外して歯を磨くという簡単なものです。このホームホワイトニングの効果は、歯の質やきちんとした方法で行えているかなどによって個人差はありますが、多くの場合はかなり歯が白くなると期待することができます。ただ専門の歯科医院で受けるホワイトニングと比較すると、薬剤の濃度が薄いために、きれいにできるまでの期間が長くなるという難点はあります。


このホームホワイトニングについて気になる点としては、知覚過敏のような痛みはあるのかという点が挙げられます。結論から先に言うと、痛みを感じることはあり得ます。この痛みは歯がすり減っている部分などに薬剤が染みることにより生じるもので、もともと知覚過敏があるという人は特に大きく感じる可能性が高いです。