ホワイトニングの知識

歯科医院でできる「オフィスホワイトニング」の特徴とは?


オフィスホワイトニングは自分では自分では叶えることができない、歯の白さを実現化する、歯科医院でのホワイトニング治療です。歯を白くしたくても、自分では自宅での歯磨きくらいしかできませんが、それではなかなか白くはなりません。


でも歯科医院でできる、専用の漂白効果のある機器を使用して、専用機器を利用する方法ならば、歯を理想の白さに近づけて行くことができます。


オフィスホワイトニングは目立ちやすい、前歯の色をできるだけ白くしたい人に、とても向いている治療方法です。天然歯に対して効果がありますので、前歯がセラミックなどの被せものではなく、天然の自分の歯であるならば、オフィスホワイトニングの治療で白くしていくことは可能です。ほかにも気をつけたいのが、歯に神経がない場合や、虫歯があることです。


虫歯があることが分かったら、虫歯を治療した上でホワイトニングをすることができます。だから、最初の口腔内のチェックで虫歯が発見されたならば、まずはその虫歯の治療をして、それからホワイトニングを行うことになります。虫歯の場合は比較的短期での治療ができますが、歯周病や歯肉炎の場合は長期的な治療になるので、歯の白さよりも歯の健康を最優先して、歯科治療をするようにしたほうがいいです。


歯の状態は健康であることを前提にしてホワイトニングを行いますので、歯にひびが入っていたり、亀裂が入っているとホワイトニングには向きません。ホワイトニングにはある程度の知覚過敏のような痛みを感じやすいので、もともと知覚過敏である人も、あまり向いてはいません。病院でのホワイトニングは、美容が目的ですので、保険が使えません。そのためお値段が高いので、費用が高いと困るという人にも向いてはいないです。


ですが、ある程度の費用をかけてでも、すぐに白い歯にしたい人にとってみれば、オフィスホワイトニングの治療は、適した歯科治療法です。オフィスホワイトニングを数回受けて、白い歯を維持していきましょう。