ホワイトニングの知識

歯のホワイトニングは審美歯科だけでなくエステでも受けられる?


歯には色素汚れが付着することが多く、歯の白さを演出する際の妨げになります。色素汚れは市販の研磨剤入り歯磨剤である程度落とすことができても、効果は限定的です。色素汚れや歯の黄ばみを取り除きたいのであれば、歯のホワイトニング施術を受けることで、輝くような白い歯を手に入れることが可能です。


歯のホワイトニング施術は基本的に、審美歯科で受けることができます。しかし現在では、エステでもホワイトニング施術を受けられるようになっています。エステの施術は審美歯科と似たような内容になっており、高い効果が期待できます。


ポリリン酸ジェルや二酸化チタンが配合された、医薬部外品の商品を歯に塗りつけたり、特殊なLEDライトを歯に照射して、色素汚れを取り除くことが可能です。


ポリリン酸ジェルや二酸化チタンを使用の際には、エステティシャンが施すのではなく、自分自身で塗るサロンが存在します。エステティシャンが塗ると医療法や薬事法に抵触する可能性があるからです。市販品ですので、購入者自身が使う分には問題ありません。LEDライトは医療用ではない、専用の機器を用いますので、安全に施術を受けることができます。


1回・2回施術を受けるだけでも、歯の白さを実感できるようになります。3?6回くらい受ければ、だいぶ綺麗になってきます。ある程度まで綺麗になれば、それ以上の回数を重ねても、効果は実感できません。


審美歯科の歯のホワイトニングでは、医療用の薬剤と、医療用の機器を用いて施術を行います。高度な技術を用いますので、エステよりも白い歯を手に入れる効果がとても高くなっています。歯の表面を薬剤で漂白しますが、これらの薬剤は医師と歯科衛生士だけにしか取り扱いが許されていません。


歯科で行われる施術がオフィスホワイトニング、医師の指導のもとに自宅で行われる施術がホームホワイトニングです。オフィスホワイトニングなら1回?4回、ホームホワイトニングであれば2?4週間で、歯を白くすることが可能です。